• 有料老人ホームと特別養護老人ホームの違い

    入所型の介護施設として挙げられるのは、特別養護老人ホームや有料老人ホーム、グループホームなどです。


    グループホームは認知症の高齢者を対象とした施設になりますが、特別養護老人ホームと有料老人ホームの区別は難しいです。


    具体的にどんな違いがあるのかを理解しておくと、施設探しもしやすくなるでしょう。
    大きな違いとしてまず挙げられるのは費用面で、特別養護老人ホームは社会福祉法人などの公的機関が運営しているので入居一時金もなくて月額利用料は約12万円ほどになります。
    これが有料老人ホームでは差がありますが、約20万円ほどにはなるでしょう。

    入居一時金も必要になるので、金銭面での負担はありますが、設備やサービスが特別養護老人ホームよりも充実して快適に生活出来る場所となっています。



    他には、特別養護老人ホームは要介護3以上の入居条件があって居室は相部屋や半個室のようになっていることが多いです。



    費用が安いので待機者が多くて、なかなかすぐには入居出来ないのが現状です。

    有料老人ホームは入居条件が幅広く、医療行為が必要な場合でもすぐに対応出来るように看護師が常駐しています。
    また、プライバシーに配慮して個室な場合がほとんどです。



    サービスや設備が充実していることも多く、安心して過ごして頂くことが出来ます。多くの高齢者のニーズを満たせられる施設として増えてきていますし、最近では入居一時金がない場合やリーズナブルな入居プランの有料老人ホームも増えてきているので、人気が高まってきています。